今年3回目の除雪作業

 今年は最近になく冷え込み雪が沢山降り本日(2/6)、大潮の里をまもる会の有志6人にて一人暮らしの家庭を重点に今年3回目の除雪作業を行いました。雪の多い所では、約70cmもあり、除雪後は通院&買い物等に非常に助かりますと喜んでおられました。今年はまだまだ除雪が必要の様です。
県道は片側のみ除雪状態 AM10:00頃
県道からの脇道には雪が約70cm

除雪作業を行いました。

1/10~11にかけて降り続いた雪により、大潮地区の一部では約40cmの雪が積もり、一人暮らしの高齢者にとっては除雪作業は大変な労力となり作業が困難であり又、生活に支障を来たすためにこの度、大潮の里を守る会の有志にて除雪作業を行いました。今後も積雪があれば出来る限りの支援活動を行いたいと思います。

メイン道路までの除雪

ガレージ前の除雪
消防機庫前の除雪

今年の冬は寒い

大潮の里にも雪が降り、例年になく冷え込みが厳しくなっています。今朝(12/13)も-3℃程度まで下がり大潮田舎の店周辺の国道も圧雪で路面が非常に滑り易くなっています。

年末から年始にかけてこの周辺を走行される方は、冬用タイヤは必須です。くれぐれもスピードを落として安全運転に心がけましょう。特に橋の上&山影等は要注意です。

大潮蛍公園
国道315号 12/13 9:30分頃
旧大潮小学校

円山の登山道の草刈りをしました

11/26(日)毎年実施している、大潮田舎の店の前にそびえ立つ円山(648m)の登山道の草刈りを地元&ファンクラブの皆さんと一緒に実施しました。

この山は独立峰のため周囲に視界を遮るものがなく、中国山地の山々を360°見渡せます。40分前後で手軽に登れる山なので皆さん健康&体力作りのために一度登られて見ては如何でしょうか‥‥

そばの脱穀をしました

去る、11/13にそばの脱穀を行いました。脱穀方法は昭和初期頃に行われていた足踏み脱穀機及び唐箕(とうみ)を使用して行い、昔の人たちの苦労を肌で感じる一日となりました。

今後、このそばの実を乾燥して製粉すれば美味しいそば粉が完成します。製品になれば大潮田舎の店でも販売される予定です。

足踏み脱穀機での作業
唐箕(とうみ) これでゴミ等を選別します

ルーラル315フェスタ開催される

11月11、12の両日ルーラル315フェスタが開催され、大潮田舎の店会場にも朝早くから沢山の人が来場され久々に山間地域が賑わいました。

当会場にはこの地域で採れた新鮮な野菜等が所狭しと並び午前中には品薄の状態になりました。11/12(日)に行われた大潮産コシヒカリのすくい取りには長蛇の列であっという間に30㎏の米がなくなりました。

又、大潮田舎の店の人気商品であるせせらぎ豆腐、油揚げ、厚揚げはすぐに完売となりました。尚、田舎の店では今回のイベントで販売した商品は金土日の営業日には販売していますので、お近くを通られる際には是非立ち寄って見て下さい。

 

 

そば刈りを実施

 11/1(水)秋晴れのもと、そば刈りを実施しました。国の減反政策の一環でそばを栽培しており、面積も余り広くなく手作業での作業となりました。中には、そばを束ねる作業は不慣れな人もおり、経験者に教わり良い経験にもなり、作業は無事終了しました。今後一か月もすれば、大潮田舎の店にてそば粉も販売される予定です。

ヒガン花まつり実施

9/24(日)晴天のもと、大潮の里を守る会では毎年恒例のヒガン花まつりを実施しました。
今年は、鹿野の輝きクラブの皆さん約30名も参加され、ファンクラブの皆さんと地区住民を含めて総勢約80名と大勢の方の参加となりました。皆さんは、餅つき&新米のすくい採り、栗拾いに参加され、昼食では新米のおにぎりを食べて楽しい秋晴れの一日を過ごされました。
会長の挨拶
杵つき餅
皆さんでお餅作り
新米のすくい取り
旧大潮小学校講堂にて楽しい昼食
大きな栗の木の下で栗拾いしかし未だ少ない
今年は栗拾いには早いため別場所で用意したものを配布
昨年は遅すぎたが今年は見頃