カテゴリー別アーカイブ: 大潮の今

茶摘みが最盛期

八十八夜が過ぎて田植えも終わり、大潮地区の各農家では茶摘みが始まっています。江戸時代からの伝統である鹿野茶は日干し番茶とも言われています。この時期に収穫したお茶を飲むと昔から長生きをするとも言われています。

今では、殆どが農家の自家用として栽培されていますが、大潮田舎の店でも少量ですが今後販売されますのでお気に召す方は一度飲まれては如何でしょうか?

既に摘まれた茶畑
手摘みの茶葉
天日干しのお茶

 

山里に遅い春が‥‥

  • 大潮の里にもやっと遅い春がやって来ました。

    ワサビの花、ミツマタの花、スイセン等が咲きほこっています又、原木のシイタケも暖かくなり成長が早くなっています。これか5月にかけてはワラビ、ゼンマイ、タラの芽、ウド等山菜採りの季節になります。

    ワサビの花
    ミツマタの花
    道端に咲くスイセンの花

    原木のシイタケ

県北の今

  • 大潮地区では、昔はかなりの農家でワサビ栽培されていましたが今では、栽培農家が高齢化のため非常に少なくなっています。
  • 栽培農家が少ない中でも、現在はワサビのガニ芽の収穫がほぼ終わろうとしており、3月の中旬頃になるとワサビの花の収穫時期となります。
ワサビ田
ワサビ収穫後
ワサビのガニ芽

醬油漬けにすれば、ピリット辛みが出て酒の肴にはピッタリです。

 

 

県北の冬

今年の冬は雪が沢山降り、寒い日が続いていますが

皆さんは如何お過ごしでしょうか?

乾燥した日が続いていますので、くれぐれも

火災には気をつけましょう。